ヘパリンミルクローションの成分総まとめ!副作用はある?

ヘパリンミルクローションの成分総まとめ!副作用はある?

 

ヘパリンミルクローションは肌に直接つけるモノ。
肌が弱い人も多くいると思うのでその成分はかなり気になるところですよね。

 

なのでここでは含まれてる成分をまとめて紹介。
気になる人はチェックです!

 

含有成分まとめ

成分はヘパリンミルクローションの箱の裏側や公式サイトに書いてあります。

 

 

書き出すとこんな感じ。

 

【有効成分】
ヘパリン類似物質、グリチルチリン酸ジカリウム
【その他の成分】
精製水、ジプロビレングリコール、1,3−ブチレングリコール、濃グリセリン、ソルビット液、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、2−メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、スクワラン、トリ2−エチルヘキサン酸グリセリル、2−エチルヘキサン酸節る、メドウフォーム油、軽質流動イソパラフィン、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、ポリオキシエチレンラリウルエーテル(7E.O.)、ポリアクリ、ル酸アミド、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、キサンタンガム、水酸化カリウム、天然ビタミンE、エデト酸二ナトリウム、フェノキシエタノール、パラオキシ安息香酸メチル

 

どうでしょうか。
気になってる成分はありましたか?

 

安全性に気を使った成分構成

成分名だけいわれても安全かどうかよくわからない!
という人のためにヘパリンミルクローションの安全への取り組みをちょっと紹介。

 

 

ヘパリンミルクローションはその成分の中から化学物質を極力排除してるんです。
それが上のアルコール、着色料、香料、鉱物油。

 

これらの成分は見た目をよくするためによく使われる成分でシャンプーなどによく含まれてます。
でも見た目やいい香りって肌の保湿にはあまり関係ないですよね。
なので完全に排除して安全のほうを優先しているんです。

 

その証拠に公式サイトにはこんな記述もあったり。

 

 

なんと副作用がない!と明言してるんですね。
ヘパリンミルクローションは医薬品、つまり薬ではなく医薬部外品というのがポイント。
安全性がより高いカテゴリ、成分で販売しているわけです。

 

安全性が高いの乾燥やニキビだけでなくあせもやあかぎれなどの状態でも使えるのがうれしいところ。

 

 

さすがに傷がある状態ややけどなどはNGですがあかぎれくらいならハンドクリーム変わりに使うことができます。

 

成分まとめ

 

ヘパリンなどが入った医薬部外品
着色料などはなく、副作用もない

 

ヘパリンミルクローションで何か肌の異常があったときはアレルギーだったり相性が悪いということなのですぐに使用を中止しましょう。

 

 

関連ページ

ヘパリンミルクローションの使い方まとめ!基本から応用まで
ヘパリンミルクローションはこうしたほうがより効果的になるという使い方が存在します。そんな応用的な使い方と基本も画像などを交えながら詳しく解説していきます。

トップページ 口コミを総評! 使い方の基本から応用 使うと危険な人たち 最安値販売店はココ